徒然

記録です

サカナクション

深堀隆介の『金魚の歌』を読んだ。

僕にも、彼にとっての金魚のような存在がほしいと思った。